スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちっちぇえなぁ。懐かしいなぁ。

 本質的に人間が小さいことで有名な梧桐柾木です。皆さんでっかく生きてますか?ちなみに僕は、広い空間にポツンと残されると、えもいわれぬ喪失感に陥って気分が悪くなります。うーん、小さい。

 そんな僕の人間性を如実にあらわすエピソードが。

 職場に向かう際、必ずお茶を買うようにしているのですが、出来うる限りやすく大量に買いたい。そんな訳で僕は近くの100円ショップで、1ℓのペットボトルを購入します。紙パックのより利便性あるしね。

 しかし、僕は結構水分を取る人間なんですよ。多分ヒアルロン酸よりも吸収率いいんじゃないかな。パン○ースもびっくりだ。だから、仕事も終盤に差し掛かると、すっかりペットボトルが空になっている。そんなわけで、空いた時間にコンビニで500ml120円くらいのお茶を買うんです。

 正直、この行為に無駄がある、とお思いの方も多いはず。何せ、1ℓのより500mlのほうが高いのだ。1ℓの二本買えば、20円浮く上に量も多いのだ。お得じゃぁないか、と。

 ただ、ここで重大な問題が発生する。

 僕は、お茶を1.5ℓは飲むけど、2ℓは飲めないんですよ。

 正確に言うなら、1.6~7ℓくらいだろうか。それ以上飲むと、腹がタプンタプンになって、気分が悪くなるのは確実だ。だから、どうしても残してしまう。だから帰るとき、残ったお茶を台所の流しに捨てなければならない。その時のドプドプ、ダババーという音といったらもう。僕のご飯食べ終えたあとに残ってるフリカケ程度の僅かな良心にどストライクデスヨコレ。ナニコレ、何でこんな罪悪感を感じる必要があるんだろう、こんなの、小学二年生のとき、ムカツクガキに握りこぶし大の石ころ思クソ顔面にブン投げた時以来の罪悪感だ。目よりちょっと上当たりにぶち当たり、血ぃ流しながらガン泣きしてたなぁ、彼。スマンソン。

 だから僕は、きっと今日も、1ℓと500mlのお茶を2本づつ買うんでしょう。高々20円の為に、精神的な不衛生を孕みたくなんかこれっぽっちも無いからなぁ。そんな具合。

スポンサーサイト

ノリ…勢い…まとめる積もり…無い…

 先日、若木先生ん所でヘルプ。その際、チョコレートを貰う。どうやら、僕のブログを見て、半ば不憫に思ったらしく、慈悲の心持でくれたらしい。流石に甘い物好きな先生のチョイス。んめー。ありがとうございました。


しかし僕はいつまであんな暗黒仏滅絶望年月日の事を引き摺る積りなどバッタの脳味噌程にも持ち合わせていなぁい!!


 そんな訳で話題変更。


 今話した通り、どうやら僕のブログは職場の皆にも読まれているみたいだ。それ自体は全然いい。むしろ嬉しい。何ならその喜びを裸踊りで表現したい次第だけれども、放っておいても増えていく僕の人生の恥部を敢て自ら増やしていく愚を冒す必要なんか年に10回くらいしかないので、ここでは遠慮しておく。

 まぁ、僕だって職場の人の(先生も含めて)ブログやホームページ、ピクシ部のイラストを覗き見てほくそ笑む事山の如しなので、今更自分のブログが見られたくらいでオタオタしたって始まらないような気もするが、それ自体は問題でじゃぁない。問題は、ブログを見て、その観測者がどの様な思考をしたかが問題だ。

 昨日、場所は職場、レギュラーアシが一角、Kさんが口火を切ったことから、物語は始まった。

「梧桐君って、酔っ払いながらブログ書いてるの?」

ん゛ん゛!?

 どうやら彼は、僕の文章、やり口を見るや、あまり正気ではないのじゃぁないだろうかという心配の色を多少孕んだ疑問を感じていたらしい。いや、あるいは、僕の事を人間的に多少分裂した倒錯者の一端であるかもといった、「あれ、隣人って、よくポスターで見かけね?交番の」的な雰囲気で僕の事を注視していた可能性も全くのゼロではない。いや、ここは正直に告白したほうが世のため人のためだ。

 もし僕が僕を見かけたら、迷わず体中の間接という間接をぶっ壊した後簀巻きにして警視庁に直行。罪状地球上で息をした罪により略式裁判、出来うる限り苦しめるような死刑を言い渡す事請け合いだ。

 かようなわけで、Kさんの社会通念に何一つ恥じることなく感じた疑問は、ストラックアウトでパーフェクトを達成した野球選手もびっくりな程、的を余す所無く得ている事柄だと僕は認識している。

 というわけで、このブログを見ている方々。もし僕をどこかで発見したら、間接という間接をぶっ壊した後出来うる限り苦しめて殺しても構わn


 …あー、成る程、こういうこと書いてるから、脳味噌酔っ払いな勲章を授与されるんだなぁ。

 そんな感じで、今日も人生の恥部を晒した梧桐柾木でした。あー、塵になりたい

バンクーバーは燃えているか!?ってなんかおかしくね?

 冬季オリンピックが空前の盛り上がりをみせております。

とはいえ僕ンちテレビぶっ壊れているから見てませんが。

 そんなこんなでオリンピックの熱狂から完全に隔離政策とられまくってる梧桐柾木です。どうでもいいけど、このPN、いつになったら僕のパソコンからでも一発変換してくれるんだろう。

レッツ兄貴

バレンタインの興奮も覚めやらぬまま、いきやり野郎話題突入ですよ。

 そんな感じの話。


 実は僕、兄と二人で住んでいます。その兄というのが、なかなかのインテリさんで、結構いい会社に勤めてるんですよ。まぁ、どうやら会社とかで、数学やら英語とかの知識が要るらしく、仕事帰って飯食ったら11時くらいまでその辺の勉強してるわけですよね。

 ところがまぁうちの兄、一度アクセルが入ったら人生単位でぶっ飛ばすような人で、いったん勉強に火がついたら、寝るのも忘れてひたすら頑張っちゃうんですよね。で、頑張りすぎた結果、次の日が辛い…なんて事がしょっちゅうで。

 そんな彼に、僕が放った一言。

「勉強ばっかしないで、漫画でも読んで寝なさい!」

 ……んん?

僕の体と心をズタズタに引き裂く日

 明日は何の日ですか?

 

 キャプテン・クックが太平洋探検の第三回航海中にハワイで先住民との諍いによって落命

 

 明日は何の日ですか?


 太平洋戦争: 大日本帝国陸軍落下傘部隊がスマトラ島パレンバンに奇襲攻撃を敢行

 

 明日は何の日ですか?


 悪魔の詩の著者サルマン・ラシュディがイランの最高指導者アーヤトッラー・ホメイニーから死刑宣告を受ける


 明日は何の日d


 うるせぇ分かってんだよ!


 まあ、こんな感じで侍魂風に始めてみました具合の梧桐柾木です。皆さんはいかがチョコ食い散らかしていますか?ああ、僕ですか?上記を見て察せませんか?具体的に言うと今年の冬って体も心も砕け散るほどウィンタースノーって感じですよね。


 ま、散々お茶濁しつつ婉曲的に回避していこうという腹積もりだったんですが、事ここに至ってソレは無理だろうという結論に達したことで。

 そう、明日は聖☆バレンタインデー日本が先進国ナンバーワンの自殺大国となる要因のひとつであろう呪われた日です(勿論、呪われた日筆頭は師走の24・5日ですが)

 

 そしてこれ以上書き記すことなんかなぁい!


パソコンあんまり触ってないなぁ…

 毎日いじっていたはずのパソコンですが、最近触る時間がどんどん減ってる。しかも、それまでは酸素同様、常日頃から一定時間摂取していないとくたばると思っていたのに、全然そんなこと無いという事実に自分自身ひたすら驚いている次第です。このままじゃあ、ブログの更新頻度もいい感じに下がっていくのじゃあないかなぁ。

 そんな訳で更新。出来ればこれからも最低週2ペースでまわしていきたいし。大体、書きたいことが無いわけじゃないのに、パソコンいじる時間が短くなっているという理由でブログを書かないということが、正直貧乏性な僕としては、なんだか勿体無い感じがしてビミョーかアレだ。どうしたもんかなぁ。

 

 なんだろう、このやる気の無い文体わ。

 いや、ブログなんて日々のだらだらを文章にしているだけだから、こんなもんで全然かまわないとは思うのだけれども、何か違う。そもそも僕は、漫画にせよ何にせよ、先ずは自分で脳内麻薬を分泌させまくってノリノリウハウハアッパー野郎になってから勢い任せでヒャウィゴーする人なので、こんな頭の神経が等速直線運動よろしくのんべんだらりとした活動状態でモノに取り組むというのは、なんだかスタイルにあんまり合わない感じがする。大体文章がおとなしすぎる。もっと他の人が見たら「こいつ脳みそ破裂してるんちゃうか」と思われるような感じのイカレ臭がする方が個人的にはベネなんだけどなぁ。あー、もっと自然体で変人にならねば。

穴があったら埋葬されたい-ノリノリウハウハアッパー梧桐
 具体的にするとこんな感じ。よーし、いいぞ!もっとヘベレケ人間失格な感じで!そーだ!もっと自分をさらけ出せ!お前は駄目人間だ!よし!そこだ!アッパー(二重の意味で)だ!!

 え?ああ、ないですよ。まとめるつもりなんて。そんな感じの2月11日

寿司食い姉(ねぇ)

 先日、若木先生の所にヘルプアシに行きましたですよ。

 そこで振舞われたるが御寿司様デスヨコレ。

 何なんでしょうね。寿司。あの全能感。生きとし生けるもの全てに無上の幸福を与えるためだけに生まれてきたシンプルイズベスト極まってる食べ物のゴールドメダリスト、寿司。ンま美味ーわコレ。ヒャッホオイとか小躍りしたくなりますよねしませんかそうですか。うわ僕なんでこんな文面テンション高ーんだろう。コレも寿司効果かしら。酒も白い粉も摂取していないとこ見るとそういうことなんだろうなぁ。凄いなぁ。寿司。

 一体僕は何回寿司って言えば気が済むんだろう。もう向こう半年は「寿司」って言わなくてもいいくらいには寿司って連呼している気がする。

 というか、もう僕自身、寿司に隷属している心持になっているんじゃないのだろうか。いやまて、冷静に考えてみろ。隷属しているということは、僕は寿司の新鮮なネタよりも下層階級に属しているということになる。僕は魚よりも下で満足か?卑しくも霊長類様がギリギリ脊椎動物な連中に頭を下げていいのか?具体的に言うならば、僕自身が、シャリの代わりにネタの下に位置することに納得できるのか?

 ………

出来るな。


むしろ望むところな気さえしてきた。


 そんな感じの僕。夢。何だろう、最終的には、トロの下敷きになることかな。


穴があったら埋葬されたい-寿司食い姉

  寿司食い姉。何か多分こんな



体中バラバラになるかと思ったわ!

寒っ!!

 一体どこの偉い学者様が言ったか知らないけれど、地球温暖化ってアレ完全にホラじゃないか?現実問題、今の僕は寒すぎてマジ耳から体がひび割れる5秒前だ!二酸化炭素削減とかエコエコアザラク的な主張が世を席巻しているわけだけれども、会ったことも無い白熊さんたちの故郷を心配するのも分かるけど、そこらの路上で一夜を明かす酔っ払いのおっさん達のことも考えたほうがいいと思う!アレ絶対死ぬぞ。調子ぶっこくのもいい加減にしてくれ!と遮二無二叫びたくなる今日この頃。皆様どんな風に凍死あそばされていますか?そんな感じの梧桐柾木。好きな季節は虫の出ない夏です。節足動物とか軒並み滅べばいい(あーでも、蟹とか海老は好きだしなぁ)。

 2月に入ってから、あからさまに冬型の気圧配置が張り切りすぎです。東京でも、雪なんか降らせやがって。そんなところで要らん勤労精神震わされても、せいぜい僕のダウンジャケットの出番が3割り増しになって、JRのサボる理由を与える程度の影響しかないというのに。今年の冬将軍は天下統一でも狙ってるんでしょうか。もしそうなら、地球温暖化という波に乗りノリ鰻登り真っ最中の新鋭大軍隊に真っ向から立ち向かっている感じがなんとも戦国武士って感じでベネ。超迷惑だけれども。穴があったら埋葬されたい-冬将軍

 地暖大将軍に挑む冬将軍。右の女の子は付き人のお雪。今考えた。安いなぁ、設定…


 まー散々ケチつけましたが、こうして冬を実感できているというのは、案外幸せなことかもしれない。なんだかんだ言っても、日本の季節感って結構好きだし。僕がじーさんになった時、日本の文化が様変わりしても、季節は変わってほしくないなぁ。環境問題が叫ばれる中、ちょっと真剣にそんな事を感じてしまいます。


 P.S

 今日、再びの歯医者

 今度は何千円吹っ飛ばされるんだろう…(血涙)



振動、震動、神童、新堂…ようし!今日から君の名前は新堂さんだ!



穴があったら埋葬されたい-電動歯ブラシ娘

電動歯ブラシまじパネェ!

 というわけで、今回は若干チャラ男風味ではじめてみました。…いや、最近、どっかの天体戦士にハマっていまして…

 つい先日、半年ばかり放置していた銀歯の取れた奥歯の治療をすべく、ひたすら重い腰を上げつつ歯医者に直行。

 しかしまぁ僕、歯医者大っ嫌いなんすわー。いやそりゃまぁ、「三度の飯より歯医者が好きです!」なんて、僕とは永遠に没交渉な変わり者が居るとは思えませんし、大げさに言わずとも、好き好んで歯医者に行く人間なんてそんなに居ないでしょう。

 ただ僕の場合、特に歯医者に「こんなに痛めつけられ辱められて、もうお嫁にいけない!」みたいなトラウマイスタもびっくりするよな暗黒体験をしていないので、必要以上に及び腰になることも無いのですが、多分、漫画とかでひたすらに「歯医者って嫌よね」的なコメントイメージをバンバン脳髄に湯水のごとく流し込まれてたことで純朴可憐で限りなく猥褻に近い若干ひきこもりがちな梧桐少年の脳みそにバターをトーストに塗りこむが如く「歯医者怖い」イメージが刷り込まれていったんでしょう。あと、抜歯をしたこと無いですが、身内が抜歯の際、歯茎の肉が抉り取られたという治療という名の近代の拷問を受けた体験を幼いころに聞かされたおかげで、更に僕の歯医者に対する心象を悪くしたものと見受けられます。以上、僕が歯医者を嫌いである根拠。

 とはいえ、僕ももう大人です。実際、歯医者が、入ったが最後、生血と歯茎の肉で彩られた魔境でないことも知っていますし、やさしげな看護士さんの背中に血と思われる錆がこびりついたファスナーが無いことも存じ上げていますよ。案外、言ってみればたいしたこと無いもんです。

 今回もそうでした、若干の緊張、しかし終わってみれば、特に書き記すことも無い程あっけないものでした。端的に言うと、虫歯の確認、歯石の除去、歯の表面のクリーニング、こんくらいです。無事治療を終え、軽い足取りでお会計。

看護士さん「ほにゃらばお会計1万円なり~」

僕「ごぶぁ(吐血)」

 いちまんえん

 いちまんえん

 いちまんえん!


 僕は、とんだ大馬鹿野郎でした。歯茎の肉?本当に怖いのはそんなもんじゃねぇ。しかも次回も、その次も歯医者にいかなきゃならない。

 ……まだ続ける気か?たった今、俺は、がら空きのボディに一発いいのいれられたじゃねぇか!もう懐には何も残ってねぇじゃねぇか!次のラウンドまで戦えねぇだろTKOじゃねぇか!






 …つまりそういうことなんすわー

僕が電動歯ブラシ買った理由って。本題遅っ

 いや、いちいち歯医者のお世話になるのもアホらしいし、日常的なプラークコントロール(一生に一度は人まで使ってみたい単語ベスト17)を欠かさないほうがいいかなぁという思いもあり、6000円位のものを購入。使ってみたら、やつらのポテンシャル仰天していた…と、そんなノリでして。


 ……おっかしーなぁ。電動歯ブラシのことを話そうと思ってたのに、何で歯医者のことがメインになってんだろう。イラスト差し替えたほうがいいかなぁ…


 



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
pixiv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。