スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残酷な漆黒の堕天使に捧ぐ死神のレクイエムとか何かそんな

 かつて、路上の落書きにこんなのを見た。


 BLACL INFINITY


 お前「ぶらっくいんふぃにてぃ」て!直訳したら「黒き無限」て!

 中二病にも程があるだろう!!

 一体、どこのどいつが血迷ったのか知らないが、ほとばしる若気の至りと、熱すぎてへそで茶が沸くパトスでもってノリと完成で書ききったのだろう。その姿勢は驚嘆に値すると思う。なにせ、20代になって再びこの落書きを見た本人はきっと自殺をしたい衝動かられること請け合いだからだ。ちなみに、書いたのは僕ではない。てか、僕だったらきっと今頃密室で練炭とか炊いてあっちの世界へ永久にトリップしているはずだからだ

 しかしこの落書きというやつ、本人の人間性が如実に現れるからおもしろい。大抵は「夜六死苦」程度だが、中には「東京上等」という日本の中枢に喧嘩を吹っかけている剛の者も居る。若さっていいよね。

 とまぁ、散々落書き馬鹿にしてきたけれども、実はこれって、漫画に通じる所があるのではないだろうか。例えば、上記のような落書きをしてきた連中だって、普段は社会に溶け込む一般人のはずだ。まさか四六時中、黒くて痛々しい妄想を無限に広げたり、大都市相手に盗んだバイクで走り出したりしないだろう。しかし、壁を相手にしたとき、連中は自分の凝縮された価値観、あるいは、ふと軽い気持ちで、しかし真っ先に脳裏によぎる本能的な直感を書ききるわけだ。

 漫画家だってそうだ。僕も中学生くらいでは、となりのあの子が振り向いてくれないかとか、不思議で面白い能力が今自分に急に沸いたりしないかとか、その手の愚にも付かない妄想を抱いてきた。ただ、ソレを表に出さない程度には小賢しかったけれども。今は、そういう妄想を、漫画原稿用紙に書きなぐることを生業にしているだけだ。

 別に落書きを擁護するつもりは無い。だって犯罪だし。

 でも、連中と僕がやってることって。本質的には同じだと思う。自分の価値観を、何かに焼き付けるというのは。

 ただ、漫画を描いていると、書きたいことよりも、ただなんとなくテクニックで描ける事を優先してやってしまいがちになる。そういうとき、ふと壁の落書きなんかを見ると、中二病的精神を漫画に載せることの楽しさを思い出させてくれる。

 普段は深いな落書きが、時たま、僕の心を洗ってくれる。そんな感じの話。



 そういえば先日、BLACK NITHOなる落書きを見た。てめぇNIGHTなのかKNIGHTなのかどっちだ!どっちにしたって綴り間違えてるし!痛中二な上に間違ってるとか、もう!


P.S

 ちなみに、僕はNIGHTとKNIGHTの違いを、この人たち で学んだくちです。うあー

 

スポンサーサイト

ぐつぐつぐつぐつぐつぐつ…

 靴下ぐつが悪い。布団ぐつが悪いぐつが悪い。ぐつが悪い。

 …「ぐつ」って何や?

 というのも、僕の出身は宮崎であり、そこでは、以上のような言葉を使う。「ぐつが悪い」の用途だけど、例えば、「靴を履いたけど、どうも指先とか踵に違和感があるような…でも、しばらくすれば気にならないような…気になるような…」という時に「靴履いたけど、何かぐつが悪い」という具合に用いる。日常の言葉にしづらい不快感を、微妙なニュアンスまで捉えているこの言葉は、地元じゃ案外使われていたんデスヨコレ。

 ただひとつ疑問が。

 …コレって標準語なんかしら?

 そもそも、あらゆるメディアで「ぐつが悪い」なんて単語を耳にしたことがただの一回も無い。まして、東京に移ってからというもの、「ぐつ」のエンカウント率は下げどころを知らない具合になってしまい、もう最後に「ぐつ」に出会ったのは何年前の話かも分からない。「ぐつ」、お前初恋の人か何かか?

 以上を踏まえた結果、おそらく「ぐつが悪い」なる言葉は、宮崎、もしくは九州辺りの方言なんだろうということが分かる。

 …正直困る。

 というのも、地元に居たときは、そこそこ頻繁に「ぐつが悪い」という言葉を多用していたからだ。例えば、先刻の靴の例でもそうだが、ああいう時、「何か靴の調子が悪い」では、履き心地なのか、単に靴がそろそろ買い換える頃合なのか、的確な理解がなされないし、いまいち言葉足らずだ。かといって、「靴を履いたけど、どうも指先とか踵に違和感があるような…でも、しばらくすれば気にならないような…気になるような…」では長い。しかも、これでも、己が感じる微妙な不快感、違和感。そういったニュアンスを説明するにはまだ足りない。

 例えば、漫才のツッコミで、「どうしてだよ!」と「なんでやねん!」では、似たような意味でも、受け取り方、雰囲気はまるで異なるもののはずだ。もし、関西の芸人さんが、なんでやねん禁止令とか出されたら、かなり困る、いや、人生の大事なものを失ったかのような喪失感に陥るかも分からない。「何でそんな法律出すねん!なんでやねん!」って感じだ。そしてコレで逮捕だ。その芸人さんは、今後、舞台やお茶の間に姿を見せることもかなわず、鉄格子の中、臭い飯をすすりながら、「何で俺がこんな目に遭わなあかんねん…なんでやねん」とか言っていることだろう。

 まぁ、要するに、「ぐつが悪い」が方言だったら、東京で使えないので困るなぁ。とか言う話。

 

タウリンが掴むものは…神の未来か、悪魔の過去か…

 滋養強壮肉体疲労に効果的な成分が多分に含まれていると近年の研究で明らかになった梧桐柾木です。そろそろ人間をやめる頃合かもしれないなぁ。

 さて、栄養ドリンクなんか見てると「タウリン2000㎎配合」とか言う表示をよく見かける。

 …タウリンって何?

 分からない。まるで分からない。そもそも、日常会話で「で、お前今日タウリン摂取した?」みたいな会話を聞いたことが無いし、料理のレシピにも「塩少々、砂糖大さじ1杯、タウリン一つまみ」というような記述を見かけたことなど僕の荒廃寸前の脳細胞をあらかた検索してみても欠片もヒットしないときていやがる。まったく持って得体の知れない正体不明も甚だしい物体Xだ。連中、まるで一般生活に関わっていないでやがるもの。

 そもそもタウリン、君、自然界に存在する物質なのかい?実は元素記号の右端の下辺に居を構えてやしないか?まあ、もしそうなら、僕は今頃ピラミッド攻略の考古学者の教訓を何一つ生かすことの無いままわけわからんうちに父方のばあちゃんと笑いあっている事請け合いだから、その可能性は削除していてもかまわないかもしれない。となると、自然界にある物質から抽出したか、出なければ完全に人工の物質かのどちらかだ。

 自然界にある物質から抽出したという可能性は大いにある。ヒアルロン酸が豆腐のにがりから抽出されたように(確信など無い。間違ってる可能性は僕の人生くらい高いので、気になる人はきちんと調べてください)、連中もどこかの物体から捻り出された人たちかも。だとしたら何からだろう。滋養強壮にきき、案外身近に存在し、搾り取ったらタウリンになりそうな物体…

 栄養ドリンクに入っててもおかしくない…

 身近に存在…

 搾り取ったら滋養強壮になってもおかしくないような…




だめだ下ネタしか思い浮かばねぇ

 やはり、恒常的にこのサイト を見ているからこういう思考になるんだろうか。いや、人のせいにするなど言語道断。きっと、僕の資質がまだまだ中二なだけだろう。男ってバカね。

 さて、抽出説に関しては、これ以上深く追求すると僕が今後、栄養ドリンクとどう付き合えばいいのか分からなくなるのでここまでしたい。

 というわけで、残った可能性は人工物説だ。

 こうなると益々タウリンが胡散臭い物質に感じられてくる。

 なんだか人工物なんていったらARMS的 ナノマシンの様なものを彷彿させてくれる。2000㎎で元気か出るのだから、2㎏も摂取したら右手の再生が早くなったり、足技が得意ないじめられっ子をいなしたり出来るようになるかもわからない。10㎏も摂ったら、きっと僕は反物質の精製だって余裕だろう。ヤバイ。タウリン。君すげーよ。そうなると、きっとリ○ビタンDあたりがジャバウォックだろう。ナイトはアリ○ミンかしら。じゃぁ、ホワイトラビットはエスカ○プに違いない。まずい。何かわくわくしてきた。こうなったら今すぐ最寄の薬局でタウリンを配合している物質を買い占める必要性が出てきた。そして僕はチャッチャと究極の進化を遂げなければならない。よーし!大きな大きな焼きりんごをつーくろっと!

 …ARMS知らない人はおいてけぼりだなぁ…

 しかも結局、タウリンの正体に関しては完全に虚空の彼方にブン投げてるし。もうこの際、「たうリン」という萌えキャラってことでいいんじゃないだろうか。栄養ドリンクに含まれているんですよ、「たうリン」。2000㎎程。そんな感じのまとめ。ふばんはー

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
pixiv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。