スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

是非食事中に見てください!あ、いや、まぁ、無理にとは言いませんが…えぇ…

 何様だ!?と問われるならば、

「無様」「外様」

 と答えることで一世を風靡したことで知られる梧桐柾木です。

 まあ色々言わねばならない事もあるんですが、先ずは一言。



 生きてます。




 いやぁ、金なんて入ってこないのに長い沈黙を保ちに保った2ヶ月。夏休みならとっくに終わってらぁって期間、完全に自らのブログを放置する腐れ姿勢。とりあえず、指かなんかは折られたほうが良いかもしれないな、僕は。

 いい加減、自分のありとあらゆる至らなさにうんざりしている毎日。いっそ生まれ変わりたい、などと、愚にも尽かない事がふと脳裏を過ぎる事もあらぁなって感じですよ。

 しかしここでふと思うんですが、生まれ変わるっつっても、何に生まれ変わればいいんでしょうか。

 ちと前の僕なら、「もう生まれ変わらなくてもいいです。」という駄目人間の極致を地で言っていたのですが、流石にそういうわけにもいかない。何せ日本人。基本的には無宗教民族とはいえ、下地には仏教。輪廻転生が我々のスタンダードスタイルなはず。というか、死んだ後、鼻から金属ぶち込まれて脳味噌耳から穿り出された後、内臓まるっと洗い出され、色んな部位(まぁ死体。肢体とかかってていい感じ。あとモツやね)が新巻鮭もびっくりな程塩漬けにされ、穴という穴を縫い付けられ、全身隈なく包帯でぐるんぐるんにバームクーヘンにされた末、キンキンキラキラ金曜日さながらの棺おけにぶち込まれた上、4000年前のジオフロントにあらせられるピラミッド様のセントラルドグマにも引けをとらない最下層に埋葬されてつかわされて、あっちの方で永遠に生き続けますよ的な、エジプト流アンチロハスロハススタイルは、きっと性に合わないことは目に見えています。まぁ、実際にされてみたら、思いのほか居心地がいいかも分かりませんが。だれか、僕が死んだ後にやってくれませんか?今ならもれなく、死体遺棄、死体損壊という前科をプレゼント!

 …おかしい、先刻まで「いきてます」とか言って、もののけ姫のお株を頂戴していた筈なのに、なぜマジで召される5秒前の話をしているのだろう。しかも埋葬系。日本人なら火葬だろ。

 …そういや、僕のブログのタイトルがタイトルだな。どうりで。


 そんな感じの無様で外様な僕の日常。大丈夫。僕は生きてますしこれからも生きる積もり全開です。別に誰に望まれていなくても。だからあなたも生き抜いて。どんな人生でも、多分僕よりだいぶマシ。ヒャホーイ

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
pixiv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。