スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシスタント万歳


 久しぶりに家でコーヒーを飲んだということでご近所をほっこりさせたことで容疑者扱いされた梧桐柾木です。もう何がなんだか。大体、ちょっと前までカフェイン中毒者やも分からんと言うくらいコーヒーがぶ飲みしてたのになぁ。

 さて、あらゆる職業には、その職でしか味わえないメリットと言うものが存在しますよね。例えば、漁師さんなら、取ったばかりの魚をそのまま刺身にしたり、伊勢海老とかを豪快に味噌汁にぶち込んだりして食べるとか。テレビ番組でそういうシーンを見るたびに、「漁師も悪くないな」とか思ったりしたもんです。ま、実際にあんな過酷な現場に放り込まれたら、僕の様な鰯野郎は即干物でしょうが。
 っつーわけで、漫画家のアシスタントも例外じゃないんですよ。

 その証拠がコレ。

穴があったら埋葬されたい-4人とゲーマー

 神のみキャラソンやー!ハー!!

 以前、川中さんらが貰っていたキャラソン、僕も貰いましたよ。しかも五枚!早速開封して聞いたし!超よかったし!エルシィ可愛かったし!神にーさまー!
 っていうか、全曲よかったなぁ。歩美も美生も。空もニヤニヤしながら聞いたし。あとGod only knows。これ知らなきゃアニソンて思わないだろうなぁ。なんか美しい通り越していっそ荘厳な空気すら醸し出していたし。これが落とし神の力っちゅうやつでしょうか。

穴があったら埋葬されたい-限定品

 しかも非売品だし。

 まぁ、コレクター魂の強い方々には「こんなん開封するなんて何事か!」とか言われそうですが、しかし僕マテリアルなものに関しては「使わな損」なイメージ持ってるんで。
 と言うわけで本日から作業用のBGMは決まりました。今日から聞き倒します。そりゃあもお毎日毎時間。一人の戦いを余儀なくされる漫画家生活のチアガールとして、彼女達には頑張ってもらいます。うりあー!!

 そんなわけで、今日はここいらで。若木先生、ありがとうございました!
スポンサーサイト

そういや、僕が描くマンガも大抵ヒロイン人間じゃないなぁ。

「人生は詰みゲー」という言葉と共に無に帰したことで文献に名を残すことになった梧桐柾木です。テメー僕のパソコン、いい加減このペンネームを一発で変換できるようになれ。そろそろヘコむぞ。

 さて、今回は余計な前フリはこの辺にしといて。とっとと本題に。

 僕ら若木組のアシスタントであらせられる小嶋さんの読みきりマンガがクラブサンデーに載ってます。

穴があったら埋葬されたい-アリス

 リペアマスター

 アリスというオートドールの女の子と修理が得意な男の子の話。高い画力と安定感のあるストーリーでとても読みやすいです。あと見開きが衝撃的です。読め!面白いから!そして星5つをつけるのだ!うあー!

 

お空様

 今現在エルシャダイが誇るルシフェル様の名言を聞きながらブログを更新していることが刑事訴訟にまで発展したことで知られている梧桐柾木です。なんかもうこれ、例のセリフが出てくるだけで笑えるよね。
 そんなこんなで今回もお絵かきの話。以前見た神のみアニメの空編のループっぷりにモキモキさせられて描いた絵。いやぁしかし難いなぁ、逆光。どうすりゃ上手く描けるわけ、コレ?しかも彼女の魅力があんまり伝わらない。やっぱ独学じゃ厳しい。こんど、ハウツー本とか買ってやってみるべし。
穴があったら埋葬されたい-空
 今回の絵、空様。絵をクリックしたら大きくなるよ。
 彼女の微笑を表現したかったんだけど、なかなか、ね。まだまだ力不足だなぁ。何時になったら自分のカラーに満足できる日が来るのやら。うーみゅ。

今そこにある危機(家電編)

 おはようございます。後悔先に立たずということわざを毎日毎時間実践していることで世にはばかられること請け合いな梧桐柾木です。分かっているなら何とかしろよ僕。
 ちょいと前に冷蔵庫の購入に関する記事をのっけたことがありますが、今現在ちょいとしたことになっています。その報告。
 これまで、家電といえば大抵日本製品を購入していました。品質とコストパフォーマンスを考えたら、まぁ妥当な選択だからです。
 とはいえ、僕が現在使っているパソコンはdellだし、そもそも日本製と言われている家電だって大抵はメイドインチャイナなわけで。そろそろ「海外家電は論外」などという器の小さいものの考え方から脱却して、グローバルスタンダードの荒波にもまれようかという気分にもなるってもんです。海外勢も頑張っているわけだしね。
 つーわけで、先に述べた冷蔵庫。コレは中国の会社で作られたものなんです。その会社の名は「ハイアール」。冷蔵庫、洗濯機において世界トップクラスのシェアを誇る会社です。スゲーなぁ、中国。価格も安く、デザインも悪くない。それに、ネットで評価を見る限りでは、日本製やその他海外の優良企業のものと比べても遜色ないほどの品質。吟味した末、コレにしようという感じに。
 そんなわけで購入。その後の使用した感覚等は、前述したとおり。まぁ正直、現在のところ何の不満も無い、というよりは寧ろ満足しているくらいなんですよ。

 しかし、ここでえらい問題が。

 「…おいおい、マジかよ…(ゴクリ)」とか、僕思わず荒さんになってしまいましたもの。
 そりゃ、一品ダメだからって、その会社全ての製品に欠陥があるなんてことはないでしょう。とはいえ、何か気分がよろしくないのも事実。なんだかなぁ、もう。
 とはいえこの子、僕らの家の冷蔵庫危機を救ってくれた存在であることも確か。ま、洗濯機ほどガンガンに激しい運動しているわけでもなさそうだし、まぁなんとかなるかもなぁとか勝手に納得したり。そんな感じで。
 無論今回もまとめる気はありません。と言うわけでさいなら~。
 …え、絵?気にしちゃノンノン♪

図書館に住む妖精。そしてアシスタント談義録。

「貴様の望みをかなえてやろう。なんでもいいぞ。地位か?名誉か?金か?女か?」
「睡眠」
 という身も蓋も無い答えで学会に波紋を投げかけたことで有名な梧桐柾木です。そんな僕に僕が一言言いたい。はよ寝れ。
 まぁ、既に川中さんのツイッターを見ている方はご存知かと思いますが、僕は先日から川中さん宅で若木組アシスタント様方と共にネームについて語り合ったり、バイオでゾンビ相手に殺し殺されあったりな時間を夜通しベギラゴンしてましたとさ。
 いやぁ、実に充実した一日でした。他の人の完成前の作品を見て刺激を受けたり、自分の至らない部分を再発見させてもらえたりと、得られないことなんて無いね。しかも一日中だよ。徹夜だよ。太陽が黄色いよ。
 結果、僕のヒットポイントは一ケタ台です。スライムっつーか、毒の沼でも致死モンですよ。一体どうすりゃいいんだろう。やっぱ寝るべきか。そうかそうですかそうなんでしょうきっと。なんせこうして文章書いている今ですら半ば脊髄反射で文章を書いていると言うことに自覚的なんですから。きっと神は僕に味方していない。ああもう何がなんだか収拾がつかない事態に。そんな経緯を踏まえ、駄文はこの辺にして。
 絵の話を。
 今回描いたのは栞様。二次元での圧倒的倍率を誇る人気ジョブである図書委員と言うポジションでマンガ界のレギュラーを獲得した本の虫っ娘。そういう背景もある為、結構気合を入れて描いたにも拘らずこの似なさは何なんだ。神は僕を愛していない。そして再びの脊髄駄文。
 なんか、こういう雰囲気似合うかな~というノリで描いた。賛同されないかもだけど、個人的にはこんなシチュはありかもなぁ。でも、ちと髪の色毒々しいかも。まだまだ課題は多数。とはいえ一生懸命描きました。寛大な心で見てやってください。かしこ(結びって、こんなんでいいのかしら?)。 
穴があったら埋葬されたい-栞
 栞様。↑をクリックしたら大きくなるよ。

 …コレでこれまでストックがあったカラー絵が、遂に底をついた…。さぁどうしよう。それはともかく頑張ろう。ふんぬらー。

働く男のアレやコレや。

 現在の家のエアコンは今年で二十歳になろうという大ベテラン。僕の漫画歴の遥か上を行く古豪。っツーわけで引退の時期が刻一刻と近づいてきたり。

 そういう事情もあり、僕のアパートでは一斉エアコン交代デーになっとるわけです。現在も、僕の部屋の裏側で、筋骨隆々の業者さんがエアコン取り付け作業にヘッチラオッチラ励んでいるわけですよ(何かこの表現エロいよね!)。今眉を潜めたあなた。君とはうまい酒は呑めそうにないな…。

 しかしこの業者さん。まぁなんという手際の良さ。何かエアコンの背後にある銅線をカッターナイフでスパスパ切って接続するそのスピーディーさ。金具を壁面にドリルで取り付けるまでにかかった時間はほんの数分。僕だったらいちいち手間取って説明書に悪戦苦闘しながら2,3時間はかかるであろうというのに。なんというプロフェッショナル。そこそこの重量があるであろうエアコンを軽々と持ち上げるたくましさ。溢れる男気。とりあえず抱かれたほうがいいかしらとか。

 なんか技能系の職業ってかっこいいなぁ。ん?ひょっとして、僕が漫画描いている瞬間も、他人にはそういう風に見えているのかもしれない。なんという描写力。スピーディーなネーム。圧倒的な発想。ヤバイ先生抱いてください的な何かがアレ思ったより書いてて痛々しいよコレ!

 というわけで何かそんな感じ。現在の僕はまだまだ大したことはないけれども、将来的には上記のような事書いても痛々しく見えないように頑張らなきゃなぁ。なれるかなぁ?まぁファイオーって感じでガンバ僕~。


 …え?絵はどうしたって?まぁいいじゃないか。こちらで既に載っけてくれているし。許可も取らずに描いた絵をきちんと紹介してくださって、ホントありがとうございま。

 というわけで、あははあははあっはーい(煙に巻く幕)。

オールフォーユー!

 中学までの財産で飯を食っていると言うことで人に愛され続けて四十余年というキャッチフレーズで親しみを込められている梧桐柾木です。まぁ、マンガを描く上での原材料が中学までに見てきたもので大抵構成されているという話ですが、なんだか急に分かり辛い文面に陥ってしまった。助けてガリレオ。いやまぁ、僕があの時代にいても、君の地動説に賛同しないであろう事は火刑を見るより明らかだけれども。ふふん、チキン僕。だけど助けろガリレオ。

 そんなこんなで更新更新。今回は中川かのん嬢。アニメ的には次の攻略相手だし、ある意味今最も盛り上がっている攻略相手だしね!
 そんなこんなで描いてみたものの、まぁ時間かかった。一日1、2時間位ずつだけど、多分15時間はかかった!なんせ一度気に入らなくてカラー描き直してるし。おかげで現在の僕の力量としては、かなりいいものが描けたと思うけど(それでも他のプロのを見てみたら「ん~?」って出来だけれども)、だめだねこりゃ。時間かかりすぎ。この程度に15時間もかけるようじゃ、とてもじゃないけど商業ベースじゃ通用しない。スピードとクオリティを両立しなくては!まだまだガンバ!
 あと、服は分からないのでネットで探したりしながらマンガ参考にしながら、ながらながらで描いたせいか、かなりビビットで毒々しいものに…。やっぱちゃんと正式な資料参考にしないとダメだニャー。
穴があったら埋葬されたい-かのん
と言うわけで中川かのん様。画像をクリックしたら大きくなるよ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
pixiv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。