スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振動、震動、神童、新堂…ようし!今日から君の名前は新堂さんだ!



穴があったら埋葬されたい-電動歯ブラシ娘

電動歯ブラシまじパネェ!

 というわけで、今回は若干チャラ男風味ではじめてみました。…いや、最近、どっかの天体戦士にハマっていまして…

 つい先日、半年ばかり放置していた銀歯の取れた奥歯の治療をすべく、ひたすら重い腰を上げつつ歯医者に直行。

 しかしまぁ僕、歯医者大っ嫌いなんすわー。いやそりゃまぁ、「三度の飯より歯医者が好きです!」なんて、僕とは永遠に没交渉な変わり者が居るとは思えませんし、大げさに言わずとも、好き好んで歯医者に行く人間なんてそんなに居ないでしょう。

 ただ僕の場合、特に歯医者に「こんなに痛めつけられ辱められて、もうお嫁にいけない!」みたいなトラウマイスタもびっくりするよな暗黒体験をしていないので、必要以上に及び腰になることも無いのですが、多分、漫画とかでひたすらに「歯医者って嫌よね」的なコメントイメージをバンバン脳髄に湯水のごとく流し込まれてたことで純朴可憐で限りなく猥褻に近い若干ひきこもりがちな梧桐少年の脳みそにバターをトーストに塗りこむが如く「歯医者怖い」イメージが刷り込まれていったんでしょう。あと、抜歯をしたこと無いですが、身内が抜歯の際、歯茎の肉が抉り取られたという治療という名の近代の拷問を受けた体験を幼いころに聞かされたおかげで、更に僕の歯医者に対する心象を悪くしたものと見受けられます。以上、僕が歯医者を嫌いである根拠。

 とはいえ、僕ももう大人です。実際、歯医者が、入ったが最後、生血と歯茎の肉で彩られた魔境でないことも知っていますし、やさしげな看護士さんの背中に血と思われる錆がこびりついたファスナーが無いことも存じ上げていますよ。案外、言ってみればたいしたこと無いもんです。

 今回もそうでした、若干の緊張、しかし終わってみれば、特に書き記すことも無い程あっけないものでした。端的に言うと、虫歯の確認、歯石の除去、歯の表面のクリーニング、こんくらいです。無事治療を終え、軽い足取りでお会計。

看護士さん「ほにゃらばお会計1万円なり~」

僕「ごぶぁ(吐血)」

 いちまんえん

 いちまんえん

 いちまんえん!


 僕は、とんだ大馬鹿野郎でした。歯茎の肉?本当に怖いのはそんなもんじゃねぇ。しかも次回も、その次も歯医者にいかなきゃならない。

 ……まだ続ける気か?たった今、俺は、がら空きのボディに一発いいのいれられたじゃねぇか!もう懐には何も残ってねぇじゃねぇか!次のラウンドまで戦えねぇだろTKOじゃねぇか!






 …つまりそういうことなんすわー

僕が電動歯ブラシ買った理由って。本題遅っ

 いや、いちいち歯医者のお世話になるのもアホらしいし、日常的なプラークコントロール(一生に一度は人まで使ってみたい単語ベスト17)を欠かさないほうがいいかなぁという思いもあり、6000円位のものを購入。使ってみたら、やつらのポテンシャル仰天していた…と、そんなノリでして。


 ……おっかしーなぁ。電動歯ブラシのことを話そうと思ってたのに、何で歯医者のことがメインになってんだろう。イラスト差し替えたほうがいいかなぁ…


 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

歯医者ってそんなに高いのか!
その金で電動歯ブラシ買って、あと寿司行ったほうがいいじゃん!

2. Re:無題

あー、二回分の治療の合計だし、あと、一回は歯のクリーニング(表面の着色汚れ、歯石の除去)っていうかなり特殊な治療をしたからだと思われ。
大抵は、一回1500~2000円くらいじゃないかなぁ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
pixiv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。