スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿司食い姉(ねぇ)

 先日、若木先生の所にヘルプアシに行きましたですよ。

 そこで振舞われたるが御寿司様デスヨコレ。

 何なんでしょうね。寿司。あの全能感。生きとし生けるもの全てに無上の幸福を与えるためだけに生まれてきたシンプルイズベスト極まってる食べ物のゴールドメダリスト、寿司。ンま美味ーわコレ。ヒャッホオイとか小躍りしたくなりますよねしませんかそうですか。うわ僕なんでこんな文面テンション高ーんだろう。コレも寿司効果かしら。酒も白い粉も摂取していないとこ見るとそういうことなんだろうなぁ。凄いなぁ。寿司。

 一体僕は何回寿司って言えば気が済むんだろう。もう向こう半年は「寿司」って言わなくてもいいくらいには寿司って連呼している気がする。

 というか、もう僕自身、寿司に隷属している心持になっているんじゃないのだろうか。いやまて、冷静に考えてみろ。隷属しているということは、僕は寿司の新鮮なネタよりも下層階級に属しているということになる。僕は魚よりも下で満足か?卑しくも霊長類様がギリギリ脊椎動物な連中に頭を下げていいのか?具体的に言うならば、僕自身が、シャリの代わりにネタの下に位置することに納得できるのか?

 ………

出来るな。


むしろ望むところな気さえしてきた。


 そんな感じの僕。夢。何だろう、最終的には、トロの下敷きになることかな。


穴があったら埋葬されたい-寿司食い姉

  寿司食い姉。何か多分こんな



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
pixiv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。