スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノリ…勢い…まとめる積もり…無い…

 先日、若木先生ん所でヘルプ。その際、チョコレートを貰う。どうやら、僕のブログを見て、半ば不憫に思ったらしく、慈悲の心持でくれたらしい。流石に甘い物好きな先生のチョイス。んめー。ありがとうございました。


しかし僕はいつまであんな暗黒仏滅絶望年月日の事を引き摺る積りなどバッタの脳味噌程にも持ち合わせていなぁい!!


 そんな訳で話題変更。


 今話した通り、どうやら僕のブログは職場の皆にも読まれているみたいだ。それ自体は全然いい。むしろ嬉しい。何ならその喜びを裸踊りで表現したい次第だけれども、放っておいても増えていく僕の人生の恥部を敢て自ら増やしていく愚を冒す必要なんか年に10回くらいしかないので、ここでは遠慮しておく。

 まぁ、僕だって職場の人の(先生も含めて)ブログやホームページ、ピクシ部のイラストを覗き見てほくそ笑む事山の如しなので、今更自分のブログが見られたくらいでオタオタしたって始まらないような気もするが、それ自体は問題でじゃぁない。問題は、ブログを見て、その観測者がどの様な思考をしたかが問題だ。

 昨日、場所は職場、レギュラーアシが一角、Kさんが口火を切ったことから、物語は始まった。

「梧桐君って、酔っ払いながらブログ書いてるの?」

ん゛ん゛!?

 どうやら彼は、僕の文章、やり口を見るや、あまり正気ではないのじゃぁないだろうかという心配の色を多少孕んだ疑問を感じていたらしい。いや、あるいは、僕の事を人間的に多少分裂した倒錯者の一端であるかもといった、「あれ、隣人って、よくポスターで見かけね?交番の」的な雰囲気で僕の事を注視していた可能性も全くのゼロではない。いや、ここは正直に告白したほうが世のため人のためだ。

 もし僕が僕を見かけたら、迷わず体中の間接という間接をぶっ壊した後簀巻きにして警視庁に直行。罪状地球上で息をした罪により略式裁判、出来うる限り苦しめるような死刑を言い渡す事請け合いだ。

 かようなわけで、Kさんの社会通念に何一つ恥じることなく感じた疑問は、ストラックアウトでパーフェクトを達成した野球選手もびっくりな程、的を余す所無く得ている事柄だと僕は認識している。

 というわけで、このブログを見ている方々。もし僕をどこかで発見したら、間接という間接をぶっ壊した後出来うる限り苦しめて殺しても構わn


 …あー、成る程、こういうこと書いてるから、脳味噌酔っ払いな勲章を授与されるんだなぁ。

 そんな感じで、今日も人生の恥部を晒した梧桐柾木でした。あー、塵になりたい

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
pixiv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。