スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館に住む妖精。そしてアシスタント談義録。

「貴様の望みをかなえてやろう。なんでもいいぞ。地位か?名誉か?金か?女か?」
「睡眠」
 という身も蓋も無い答えで学会に波紋を投げかけたことで有名な梧桐柾木です。そんな僕に僕が一言言いたい。はよ寝れ。
 まぁ、既に川中さんのツイッターを見ている方はご存知かと思いますが、僕は先日から川中さん宅で若木組アシスタント様方と共にネームについて語り合ったり、バイオでゾンビ相手に殺し殺されあったりな時間を夜通しベギラゴンしてましたとさ。
 いやぁ、実に充実した一日でした。他の人の完成前の作品を見て刺激を受けたり、自分の至らない部分を再発見させてもらえたりと、得られないことなんて無いね。しかも一日中だよ。徹夜だよ。太陽が黄色いよ。
 結果、僕のヒットポイントは一ケタ台です。スライムっつーか、毒の沼でも致死モンですよ。一体どうすりゃいいんだろう。やっぱ寝るべきか。そうかそうですかそうなんでしょうきっと。なんせこうして文章書いている今ですら半ば脊髄反射で文章を書いていると言うことに自覚的なんですから。きっと神は僕に味方していない。ああもう何がなんだか収拾がつかない事態に。そんな経緯を踏まえ、駄文はこの辺にして。
 絵の話を。
 今回描いたのは栞様。二次元での圧倒的倍率を誇る人気ジョブである図書委員と言うポジションでマンガ界のレギュラーを獲得した本の虫っ娘。そういう背景もある為、結構気合を入れて描いたにも拘らずこの似なさは何なんだ。神は僕を愛していない。そして再びの脊髄駄文。
 なんか、こういう雰囲気似合うかな~というノリで描いた。賛同されないかもだけど、個人的にはこんなシチュはありかもなぁ。でも、ちと髪の色毒々しいかも。まだまだ課題は多数。とはいえ一生懸命描きました。寛大な心で見てやってください。かしこ(結びって、こんなんでいいのかしら?)。 
穴があったら埋葬されたい-栞
 栞様。↑をクリックしたら大きくなるよ。

 …コレでこれまでストックがあったカラー絵が、遂に底をついた…。さぁどうしよう。それはともかく頑張ろう。ふんぬらー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
pixiv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。