スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音と映像を愛するすべての人にささげます

 「逃げるが勝ち」は世の心理の一つであることを確信している梧桐柾木です。でも、逃げた分だけ袋小路になるのも一つの事実ですよね。一体どうすりゃいいんでしょうかねぇ。

 という感じで、今回は絵の話。

 前回言ったように、今回は90年代のアニメーションの絵をば。
 これは僕が初めて見た、所謂アニメファン向けのアニメです。実家が田舎なんで、東京テレビ系列のアニメが見れなかったんですが、祖父の家は衛星放送つないでて見れたんですよ。当時小学生だった僕は、こんなアニメがあるのかと画面に食いついてみていた気がします。

 そんなアニメがこれ、無責任艦長タイラーです。

穴があったら埋葬されたい-無責任艦長タイラー

 クリックしたら大きくなります。正直、ユミちゃんとエミちゃん双子なのに似せることが出来なくて残念…!

 タイラーの飄々とした態度とか、なんやかんやでデレるユリコさんとか、苦悩苦悩で精神洗浄されるヤマモト君とか、アザリンちゃんとか、アザリンちゃんとか、アザリンちゃんハァハァとか!…失礼。
 今のアニメの、序盤で一気に加速して、その速度を維持するような作りも好きなんんですが、序盤はゆっくり、徐々に加速、最終的には物凄いスピードで通り過ぎていくような90年代アニメも好きで、僕にとってはタイラーがその中でも傑作でした。未だに最終話、進水式で流れる音楽と共に「いってみようかああぁぁぁあ!」というタイラーが忘れられません。

 多分、僕にとって「つかみどころが無いけど魅力的だと思った初めての主人公」がタイラーですし、「アニメで可愛いと思った初めての女の子」がアザリンだった気がします。コレがなかったら、今漫画家目指さなかっただろう、なんて大げさなことを言うつもりはありませんが、少なからず僕のマンガに影響を与えた作品であると思います。今の市場で、こういった作品が作られるのは極めて困難だと思いますが、1クールに一本くらいあっていいんじゃないかなぁ、とか。
 それでは。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. うわあ

サムネでみた瞬間に「すげーーーー!!!!!」って叫んでしまいました
すごい大作ですね・・・お疲れさまでしたw
これ何時間で描いたんですか?

このアニメは知らなかったんですが、このイラストと、「序盤はゆっくり、徐々に加速、最終的には物凄いスピードで通り過ぎていくような90年代アニメ」というのを聞くと見てみたくなりました。
皆すごく表情豊か。
梧桐先生の描く、女の子はもちろん可愛くって大好きなんですが、男性もとても魅力的だと改めて思いました。

2. Re:うわあ

>bさん
 3,4日に渡ってながらながらで描いたので、ちゃんと把握はしてませんが、多分14,5時間くらいかかったと思われます。ただ、アニメ塗りを含むカラーの手順をなんとなく把握できたと言う意味では、無駄な作業じゃなかったんだと思います。
 今のアニメって細分化が進んだせいか、男と女が同時に活躍する一本の作品ってあんまりないですが(まぁ、それはそれで大好きですが)、90年代はそんなのが結構あって、特にタイラーは、男も女も可愛いんですよ。このイラストにも載ってるゴツい二人組(白いのがアンドレセン、モヒカンがクライバーンっていいます)も、中学生みたいな熱血と純情さをもっていますし、ヤマモト君(向かって右にいる軍服の男)なんか、タイラーの奔放さに振り回されて絶叫する様を見る度に、爆笑していた覚えがあります。僕の描いた男性キャラが魅力的に見えたのなら、それはきっと彼らの存在感に後押しされた面も多々あると思います。
 いま、TSUTAYAとかで借りられるかは微妙です。なにぶん古い作品だし、当時の有名作品(セーラームーンとか、エヴァとか)に比べると、どうしても知名度的には劣りますし。一応、バンダイチャンネルでは、一話無料、その先も有料で全話レンタルできるみたいです。機会があれば、一度視聴してみるのもいいかと。
 最後に。コメントありがとうございました。

3. お仕事お疲れさまです

3巻の発売おめでとうございます^^
いつも楽しく拝読しております。

懐かしい作品のイラストを見てしまったので、勢い+喜びでコメントさせてもらってます(すみません)
私も小学生のときにタイラーを観ました。
当時、精神的に病んだw(というと大げさですがw)子どもでして、学校やら家庭の事情やらで悩んでばかりいたものですが、
タイラーを見て「ああ、こんな生き方だってあるのか・・・」と衝撃を受けた記憶は、いまもはっきりとあります。

いい歳になった今も、それなりに悩みっぱなしの生き方ですが、当時の衝撃と、タイラー御大の存在をこのイラストで思い出せまして・・・


先生、本当にありがとうございます。


長々と失礼いたしました。
お仕事がとてもお忙しいとは思いますが、どうぞご自愛ください。
先生のマンガ、楽しみにしてます。

4. Re:お仕事お疲れさまです

ありがとうございます!
僕も、このアニメには散々癒されました。時間になるとテレビの前でワクワクしていたのはいい思い出です。
これからも漫画を頑張るので、心の栄養になってもらえるなら何よりです。
ではっ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitter
pixiv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。